中間値のroundによる丸め 〜Haskellのround関数を見て吹き出した件〜

C Way round(1.5)は、2になります。 round(2.5)は、3になります。 それが、C言語流。俗にいう「四捨五入」の処理です。 ISO/IEC 9899 p233にも記載されています。 The round functions round their argument to the nearest integer value in floating-point format, rounding halfway cases away from zero, regardless o…