読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定食屋おろポン

おろしポン酢と青ネギはかけ放題です

Swiftでも#pragma mark 的なのが使えます

もろもろの対応状況

ジャンプバーの見出しとセパレータ

メニューのView→Show Document Itemsで表示されるアレです。

// Objective-C:
#pragma mark - hogehoge -

// Swift: 
// MARK: - hogehoge -

TODO, FIXME

今までと同様です。

// Objective-C, Swift
// TODO: todo
// FIXME: fixme

!!!, ???

Swiftでは未対応で、ジャンプバーに表示されません。

// Objective-C
// !!!: message
// ???: message

強制的なエラー,ワーニング

Objective-Cでは、プリプロセッサマクロによってユーザーが明示的にエラー,ワーニングを出すことができましたが、Swiftでは今のところ*1同様の機能がありません。

// Objective-C
#error message
#warning message

*1:Xcode 6 GM seed